8月3日(土)の「親亡き後の障がい児生活支援金制度」には、50人の参加申し込みがあり、多くの方が「障がいがある子供の将来に不安」をお持ちということがよく分かりました。

(一社)障がい者の明日を考える会は、「障がい者の貧困を減らす」という活動を行っており、「親亡き後の障がい児生活支援金制度」は、障がいがある子供の親にもしものことがあっても、残された子供が貧困に陥らないようにする制度です。

多くの方にご参加頂き、1人でも多くの障がい児が貧困に陥るのを防ぐことができればと願っています。
今後、毎月説明会を開催したいと思っています。

9月の説明会

・日時   9月14日(土)13時~15時
・場所   福岡市中央区天神 (詳細未定)
・参加費  無料
・定員   40名程度

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう